文法書で学習

文法書で学習

自分にあった文法書を購入できたら、いよいよその文法書を使って学習していくことになります。文法書における勉強の流れとしては、解説を読み、文法の機能を知り、その文法が使われた例文を理解していくことが挙げられます。そこで、注意するべきところは、すべての文法をいきなり理解しようと思わないようにすることです。

なぜ、すべての文法をいきなり理解しようと思わないようにするかというと、いきなりすべての文法を理解しきることは、ほぼ不可能と言っていいからです。よほど上級者になって、英語の仕組みを理解できるようにならなければ、後で何回も確認する必要が出てきます。いきなり、すべてを理解しようと思っても、そう簡単にはいきませんし、それにかかる時間が無駄になってしまうのです。

そのため、文法書は1つ1つをじっくりやるのではなく、流しながら気軽にやっていくのが正しいやり方なのです。どうせ一度で理解できることには限界があるのですから、ある程度までの理解ができたら、すぐに次に移っていきましょう。また、載っている例文がすでに理解できたのであれば、その項目は飛ばして構わないです。すでにできていることをじっくりやるのは、時間の無駄ですからね。

    Copyright(C) 今から学ぶ・効率の良い英語 All Rights Reserved.