文法書で学習2

文法書で学習2

英語というのは、言葉を覚えるということですから、普通の勉強とは少々異なる面が出てくるかもしれません。たとえば、英語は、英語の感覚をとらえるべきだとか、英語の学習はすべて英語で行うべきだとか、さまざまな思い付きが出回っていますが、これは絶対に正しいことではありません。特に、初心者の方には向いておらず、日本語の補助を借りて、英語を学ぶべきです。

すでにわたしたちは、日本語という強力な武器を持っているのですから、一から幼児のように英語を学ぼうとせず、どんどんと日本語を活用していきましょう。そもそも、初心者の方は、英語そのものがわからないのですから、いきなり英語だけの世界に入ったところで、何も理解することはできません。英語だけで学習を進めるということは、勉強の効率を下げることに他なりません。日本語を生かして、英語の理解を深めることができるのならば、英語の勉強には日本語も利用するべきです。

しかし、常に英語を日本語に訳していくのがいいかというと、そういうわけでもありません。最終的には、日本語を使わず、英語をそのまま理解する必要があるからです。といっても、最初はやはり英語をそのまま理解することはできませんから、日本語を利用しながら、英語に慣れていくといいでしょう。

    Copyright(C) 今から学ぶ・効率の良い英語 All Rights Reserved.